FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/08/27

告ハラと言う言葉について

いつもの体験談とは違い気になったニュースを書きたいです。

● 「告ハラ」は女性にとって脅威である

愛する人に想いを告げることは、何にも変えがたい尊い行為である。
しかし、その愛の告白を不快だと思う女性がいる。いったい、どういうことなのであろうか。

筆者の元には、複数の女性から告白に対する不満の声が届いている。
なかには、「セクハラだ」と感じる女性もいるようだ。

告白といえば、密かに想いを抱く相手を校舎の裏に呼び出して……といったものは、高校生までのこと。
大人の告白には、きちんと順序を踏んだ段取りが必要だ。

しかし、その地ならしをほとんど行わず、自分の想いを相手にブチまけるだけの告白が横行しているという。
いわば“告ハラ(告白ハラスメント)”である。

ある女性(20代)は、先日、知人の男性(30代)から告白された。
しかし、女性が男性と直接会ったのは3回だけ。

しかも、すべて友人が同席した飲み会だった。
ほとんど顔見知りレベルであるにもかかわらず、男性は自分の想いの丈を長文でLINEしてきたのである。

そこには、男性が女性に好意を抱いていること、二人の将来を真剣に考えていることなどが記されていた。
ちなみに、女性には彼氏がいる。

彼氏がいて、それを伝えているのに告白されてしまった自分を、女性は「脇が甘い部分があったのかもしれない。彼氏に申し訳ない」と責めたという。
しかし、思い当たる節がまったくない。
丁重に断りを入れた女性に「しない後悔より、する後悔を選んだ」と男性は告げたというが、「自分の気持ちを成仏させたいだけの、相手の気持ちを1ミリも考えない身勝手な告白は、暴力そのものですよ」と女性は強く憤っている。

● 告白は、性的なビジョンを相手と共有する行為

「しない後悔より、する後悔」と、あたかもそれが正しいかのように人は言う。
しかし、それは100パーセント自分の都合である。

相手の女性からは、知ったことではない理屈だ。
まるで自慰行為である。
少しは「された後悔」について想いを巡らせる必要があるだろう。

なぜ、ある人にとっては告白がセクハラになり得るのか。
それは、告白とは、強制的に相手との関係を作る行為だからである。

告白するまでは、赤の他人、知人程度だった二人も、どちらかが告白することで「告白した側/告白された側」の関係にはめ込まれてしまう。
自分の人生と交差することなんてあり得ないと思っていた相手が、強引に自分の人生の「当事者」になる。
それを暴力と感じる女性もいるのだ。

また、告白するということは、「相手と自分の人生が地続きであると想定して、相手にもそれを想像してもらい、是非を問う」という一連の流れを強いる行為でもある。
そこには、当然、性的な関係も含めた未来のビジョンが含まれる。
しっかりとした関係ができていない相手にそれを求めるのは、確かにセクハラに近いものがあるのかもしれない。

● 大人の告白には「資格」が必要

「どうして自分が告白されたのか、まったくわからない」と話すのは、都内の会社に勤める女性(30代)。
女性は、職場の上司(40代)に告白されたのだが、彼女にとっては寝耳に水だった。
上司とは、同じプロジェクトに属しており、打ち合わせと称して2回ほど二人で食事に行ったこともある。
しかし、ただそれだけの関係だった。

こんな記事見つけました、こういう事ってよくありますよね。
私が前にいた職場では40代位のおっさんが30代位の女性にしつこく付きまとっていて
女性も嫌そうな顔をしていたのを覚えています。
こういう事は世の中の男性の共通理解になって欲しいですね、
女性はこういう事をされると男性恐怖症になってしまって世の中的にも
良く無いと思います、後ネットの世論ではこういう事を広めると
男性が萎縮するんじゃ無いかとか言ってる人がいますが
そういうのは嘘だと思います、まともな男性は女性の幸せを考えていますから
こういう事を聞けば、もっと丁寧に時間をかけて告白をしようと思いますし
無理な告白ばかりしている男性はこういう事をすると女性は嫌がるんだなって
事が分かって次にいかせると思うんです。
だから結局こういう事は女性の幸せの向上に繋がると思うのです。
私は男性も女性も互いに尊重出来る社会が来る事を願っています。
今日は固い話ですみませんでした。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2017/08/25

フリーターの21歳kちゃんへのご奉仕

今回はフリーターIちゃんへのご奉仕。
ちょっと話は飛びますが、今山口の女性と会う約束をしてるのですが
お互い都合がつかず会えないです、
その内会えたら良いな~因みにその人は40代だそうです
一番女性では輝いてる年だと私は思いますヾ(・∀・)ノ

Kちゃんは事前のやり取りでは、男性経験の少ない子だそうで
身長は155cmで体重は50㎏位オッパイはcカップと言ってました。
なんでも回りの子は結構遊んでる子が多いので自分も
これからは積極的になりたいんだそうな。( ̄^ ̄)ゞ
後私の容姿褒めてくれたのも嬉しかった「癒し系のイケメンだね!!」だって(#^.^#)

今回は私が車で待ち合わせの公園に行っって、自販機の前で待ち合わせだったのですが
kちゃんは白のワンピースを着て顔は色白で目がクリクリしていて、
オッパイも心なしかcカップよりも大きい印象を受けました。
後会った時笑顔でちょっと照れて下を向いてたのが萌えました(* ´ ▽ ` *)

ホテルに着くまでは彼女の彼氏の話を聞いたのですが、フェラをさせるばかりで
kちゃんの体への愛撫は余り無かったそうで、それなら私が一杯気持ちよくしてあげなくちゃって
思いました。(*^_^*)
後Kちゃんは将来の事と人の役に立ちたいので看護師になろうかなって考えてるそうです
ちょっと頭の中で看護師になったkちゃんを思い描いたのですが凄くかわいいだろうなって
思いましたね。

ホテルについてからkちゃんに先にシャワーを浴びて貰ったのですが
kちゃんは中々出て来なかったので、話を聞いてみると、何でもアソコの匂いがちょっと
きついらしく一生懸命洗ってたとの事、何かとっても萌えました(*≧∪≦)
扉越しに「そんなの気にしないよ、てか匂いある方が興奮するし」って言うと
「やっぱり恥ずかしいよ」って言ってました、物凄く可愛いですo(≧ω≦)o

次にベッドの前に移動して脱ぎ脱ぎタイムです、kちゃんの洋服を私が取ろうとすると
kちゃんはぎゅっと目を閉じていて私はお構いなしに脱がせると
kちゃんは可愛いピンクのブラとパンツだけになりました。
やっぱりkちゃんはcカップ以上ある様に見えました。
目をぎゅっとしてるkちゃんの耳元で「kちゃんとってもHな恰好だね
これから一杯オッパイペロペロしてアソコも一杯ペロペロされるんだよ」って言うと
恥ずかしそうに「嫌~~」と言ってましたが顔は赤みを帯びていて嬉しそうにもしていて

kちゃんにベッドに座ってもらい後ろから羽交い絞めにする様な恰好でKちゃんのおっぱいを
モミモミしブラの上から乳首を刺激してるとKちゃんはどんどんHな顔になり
「はぁ~はぁ~あっあっ」ととってもHな声も出しだしたので
私はもうそろそろ良いかなと思いkちゃんの耳元でに「kちゃんの可愛いおっぱい一杯ペロペロして良い?」
って聞くとkちゃんは恥ずかしそうに「う~~優しく舐めてね」と言うので
私は前に回りkちゃんのピンクのかわいいブラを外して先ず乳首から一番遠い所から円を描く様に
乳首に向かって舌を這わせて行きkちゃんの顔を見ると、恥ずかしさで顔が真っ赤になっていました。
kちゃんの乳首を口に含み舌先で乳輪回りを舌先で舐め舐めしてるとkちゃんが「そこ弱いのそれ以上やったら
もうおかしくなる~~」と言っていたので左のおっぱいも右のおっぱいも徹底的にペロペロしてあげたのですが
私の唾液でテカテカしてるおっぱいと物凄くHな顔をしてるkちゃんの顔がエロかったです。

そうこうしてる内にkちゃんのパンツは濡れ濡れになっていて、kちゃんに「何でおマンコこんなにhになってるの?」
と聞くとkちゃんは「あんたが一杯ペロペロするからでしょ?」っとちょっと恥ずかしい様な怒った様な顔をしていました。
私はkちゃんのアソコを指でなぞっているとkちゃんの息遣いが荒くなってきたのでどんどん動かす手を早くすると
「やっだめっいく~」と言ってイっしまいました。
あんまり可愛かったのでギュッと抱きしめて頭をナデナデしたり、ほっぺにチュッチュしてたのですが
kちゃんに「もう今日はイッたし、これくらいにしとく?」と聞くとkちゃんは「まだアソコペロペロして無いでしょ?」
悪戯っぽい笑顔で言うので、私はkちゃんのパンツを脱がしアソコに舌を這わせてレロレロしていたのですが
アソコの匂いは殆ど感じなかったです。
kちゃん気にしすぎな子?
kちゃんはクリトリスを重点的に刺激されるのが感じると言う事だったので
なるべく舌には力を入れず優しく優しくクリトリスをレロレロしたり
唇でハムハムしたりしてると徐々に愛液の量も増えてきて自分からアソコを私に
押し付ける様に動き出したので、もっと力強く舌を動かし
レロレロとハムハムを繰り返していると直ぐにイってしまいました。

その後はお風呂で互いの体を触り合ったり舐めあったりしていたのですが
時間が来て帰る事になりました。
kちゃんに今日の事を聞いてみると「あんなに長い時間舐められたの初めてです、
おっぱいをいやらしく舐めてくれたり、優しく何度も抱きしめたりしてくれて嬉しかった」
と言って頂きました。
今回は所用時間が短かっただけにあんまり長く出来なかったけど
出来ればもう一回したいな~と思いました。
kちゃん看護師目指して頑張ってね応援してるよ~~。
2017/08/11

シングルマザーのマキちゃんへのご奉仕

今回は去年の今頃に会った女性の話。
ネットの掲示板で募集して会ったシンママの女性です。
私は早速仕事が休みの日にその女性と約束して
会いに行ったのですが
結構美人でびっくりしました、女優の優香をちょっと劣化させた感じで
おっぱいは多分Bカップ位で背は普通位です。
車に乗せてからラブホに向かう途中で色々な話をしたのですが
彼女の場合は旦那からの暴力とかじゃ無くて職場の男性とのHがバレて離婚したそうです。
私が彼女に私の容姿について聞くと「普通かな~でもかなり若く見えるよ、でも私童顔って好みじゃ
無いんだよね~って言ってました」掲示板で会う女性は結構手厳しい(´;ω;`)
彼女の希望は添い寝+乳舐めだけでした、何でも彼女が離婚する原因になった男性は乳舐めが得意で
彼女が浮気したのは彼女の旦那さんは所謂3分セックスと言うか殆どフェラからの挿入だけだったそうです。

ホテルについてからお互い立った状態でギューッと抱きしめて
「マキちゃん大好きだよ~何でそんなに可愛いの~」って言いながら何度も額にチューをして
彼女の耳元でエロエロな言葉を何度も繰り返している内にマキちゃんも次第に興奮して来たらしく
顔を真っ赤にしながら「お願い早くおっぱいペロペロして」って言ってきたので
私は彼女の上半身は脱がしましたが、マキちゃんは恥ずかしいらしくずっと目をつぶった状態でした
先ず乳首回りを嘗め回していると「あっアッ嫌~」と言嬉しい悲鳴が聞こえてきましたが
私はおかまいなしに左右の乳首を何度も口に含み舌でレロレロ嘗め回してあげました
それが30分位続いたでしょうか?
マキちゃんのあそこはもう濡れ濡れでピンクの可愛いパンツが台無しでした、私が意地悪く「マキちゃんおっぱい舐めと添い寝だけだもんね、もうやめちゃおっかな~?」と言うと
マキちゃんはもう我慢出来ないらしく私の手をマキちゃんの可愛い所に持っていきました
私がクリトリスをパンツ越しに刺激して上げるだけで簡単にイってしまいました。
私はそれからおっぱい舐め+あそこへの愛撫を繰り返しましたが
マキちゃんはイキやすい体質らしく2時間で4回位はイッたと思います。
でも途中で彼女の携帯が鳴り、急な仕事らしく私達は直ぐに服を着て
ラブホを出ました、彼女に私の奉仕はどうだったかを聞いたのですが
おっぱい舐めは元彼よりも旨いけど、アソコへの愛撫は元カレの方が旨いという事でした
あんだけイってたのに本当かな~と思いましたが
楽しい時を過ぎして貰えたから良かったのかな~とも思いました
後彼女とは数回あったのですが、その話も後々書いていこうと思います

2017/08/10

31歳アパレル店員さんへのご奉仕

それではネットの掲示板で出会った女性への奉仕記録を記していきます。 31歳のアパレル店員の女性「あいちゃん」が舐め犬が欲しいと言う方がいましたので 早速メールを送ってやり取りしていると会える事になりました。 あいちゃんは結構昔は遊んだそうですが、最近は年齢のせいかあまり男が寄り付かず 私と会う事となった次第です。 私達は博多駅で待ち合わせしていましたが、 そこにいた女性は顔は正直普通位ですが体が結構ふくよかで おっぱいは大きめです!! 正直好みのタイプですヾ(o´∀`o)ノ ちょっと仕事の都合で遅れて言ったのですが、 「大丈夫だよ、私も今来たとこだし」と仰っていました。 ホテルに行く間はお互いあまり喋りませんでした、というか あいちゃんはちょっとおどおどしていて、後から聞いたら想像していたより 少しイケメンで恥ずかしかったと言っていました、て言うか少しは余計だろww。 顔もこういう所で会う人の中では結構イケメンの部類とは言っていましたが どうせなら凄くイケメンと言って欲しかった。゚(゚´Д`゚)゚。 ホテルに入ってからは、私の好みだった事もあり直ぐに強く抱きしめたのですが そうするだけであいちゃんの眼はトロ~ンとしていて凄いエロかったし おっきなおっぱいが服越しから分かってドキドキしました。 キスはお願いと言われていたので、ちょっと厚めのあいちゃんの唇に私の唇をそっと 添わせると、あいちゃんから私の口の中に舌を入れてきました 驚きましたが、あいちゃんは上手でクチュクチュととてもエロい音が部屋の中に 響いていました。 お風呂に入った後 あいちゃんをベッドに寝かせると服を脱がしブラジャーも取りましたが 「もうHなんだから!!」とあいちゃんは可愛い事を言っており 私は最初胸を揉んでいたのですが、途中から舌で耳や首筋をイヤらしく愛撫してやると もうかなり濡れ濡れで眼はさっきよりもトロ~ンとしております 胸の周りを外側から内側に向かって舌を這わせ、それを何度も繰り返し 乳首がビンビンになった所で 最後に綺麗なピンク色の乳首を重点的にレロレロレロと舐め上げると あいちゃんは足をがくがくさせて 「あっうっう~ん」と自分の口を抑えながら喘いでいました。 私は次にあいちゃんのスカートをペロっとめくったのですが もう濡れ濡れでスジの所にパンツが吸い付いています、あいちゃんにこれどうしたの? と聞くとあいちゃんは顔をさっきよりも真っ赤にして急いで顔を隠していました。 私はスジの所を上下に指で何度もなぞり、パンツを少しずらして指を入れると 中はトロトロで生き物の様に私の指に絡みついてきました。 何度も何度も指を出し入れしているとあいちゃんの足の力も強くなり 「あっあっあ~」と言う声とともに潮を吹いて彼女は果てました。 性器へのクンニはNGだったので今回はここ迄です。 あいちゃんにどうだったか聞いてみると、今迄の彼氏がとっても旨い人結構いたし 別に特別良くは無かったそうです、 その後お風呂でいちゃいちゃしておっぱいレロレロしたりキスしたりして 喫茶店で世間話してお互い帰りました。 俺もまだまだだなーと思いましたが、あいちゃんが言ってたのが 「あんたは女を喜ばせようとする所だけはある」そうです 何か複雑な気分。 てかあいちゃん何でクンニはダメなの?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。